審美歯科

審美歯科は歯を美しくするだけではありません。歯を美しくすると同時に、歯の機能を回復することを目的とした歯科治療です。他の歯とのバランスを考えて欠けた歯を修復したり、詰め物を目立たないようにしたりと、審美性だけでなく機能性を兼ね備えた治療を行っております。 
当院では、ご希望に応じた治療方法をご案内し、美しく健康な口元へのお手伝いをしております。

美しいものは機能的、機能的なものは美しい

審美歯科治療の症例

ホワイトニングの症例

保険治療と保険外治療では、使える材料や治療法に違いがあります

保険治療は、機能的に問題のある歯の治療を目的としています。最低限かつ安価である必要があり、使用できる材料や治療法は保険法で定められています。見た目や使用感を良くすることは、保険内ではなかなか難しいのが現状です。
保険外(自費)治療の場合は、材料や治療法に制限がなく、よりお口にあったものを作るために、材料、工程を自由に選択することができます。
しかし保険治療でも十分に対応できる場合がありますので、当院ではくわしく説明したうえで、患者さんご自身で治療方法を選択いただいています。 疑問・質問がありましたら、遠慮なくご相談ください。

ご自宅で歯を白くすることができる!ホームホワイトニング

歯の黄ばみや着色汚れは、ご自宅でホワイトニング(漂白)することが可能です。
患者さんのお口に合ったマウスピースを当医院で作成し、後はご自宅で、ホワイトニング剤をマウスピースへ注入して歯に装着していただくことになります。
1日2時間以上の使用を続けていただくと、だいたい2~3週間くらいで効果が現れてきます。(但し、個人差はあります。)早い方では数回の使用で効果が実感できる場合もあります。
ホワイトニング剤は低濃度なものではありますが、安全のために、指導に従って行ってください。

金属を一切使用しないオールセラミックス

オールセラミックスとは、すべてセラミックス(陶器)材料でできているつめ物やかぶせ物を使用する審美歯科治療のことです。
セラミックスは天然の歯と同じように光を透す性質があるので、透明感ある自然な仕上がりになるのが大きな特徴です。金属を一切使用しないため、金属アレルギーになる心配もありません。
保険治療で扱えるレジン材(歯科用強化プラスチック)も悪い材料ではありませんが、セラミックスに比べると、劣化しやすく時間が経つと黄色く変色してしまうという欠点があります。
セラミックスは審美性に優れており、前歯などの見た目の気になる部分の治療に適しています。

歯科用金属が金属アレルギーの原因になっていることも!?

虫歯治療には、金属のつめ物やかぶせ物がよく使用されます。その金属が原因で湿疹・微熱などのアレルギー症状を引き起こす場合があります。
歯科金属アレルギーの場合、金属に接している部分だけではなく、唾液に溶けて金属が体内に入り、血液によって体中に循環するため、さまざまな部分に症状がでます。そのため、歯科金属アレルギーと診断するのは非常に難しいのが現状です。
原因のわからない疾患に悩んでいる方は、一度ご相談ください。
アレルギー症状の原因となる歯科材料が歯に詰められていた場合は、皮膚科医と相談したうえで、原因となっている歯の金属を取り除き、金属を使用しない治療を行うこともできます。
(但し、セラミックスでの治療は自費治療になります)

ページの先頭に戻る